根気が大切?カラートリートメント

20代そこそこのうちから既に数本の白髪があり、30歳を超えて一気に増えました。母親も若白髪だったので遺伝もあるのでしょう。
放っておくのもイヤなので、当初は全て根元部分で切っていました。しかし本数が増えるにつれてそれもしんどくなり、やむなく白髪染めを始めることに。
ただそのせいで髪が傷んで老けた印象になるのはどうしても避けたかったので、なるべく髪と地肌に優しい形で対処したいと考え、散々調べた挙句に選択したのがカラートリートメントです。
一気に色は入らなくても、継続的な使用で徐々に自然な色に染まっていくというところが気に入って、早速口コミの評判も悪くない製品を厳選して購入。
現在も使用中です。感想としては、まあやはり感動的に染まるということはありません。髪と肌に優しい分、またそもそもの性質が違う分染毛力も弱いのですから、そこはやむを得ないでしょう。
少しでも早く染まるようにと、使用法をちょっと変えて使ってみたりもしています。シャンプー・タオルドライの後に使用するはずのものを、シャンプー前の乾 いた髪に使ったり、放置時間をのばしたり。すると説明書き通りに使用するよりも若干効果は高くなるので、手っ取り早い気はしています。
しかし一般にカラートリートメントと呼ばれる商品は、なかなか一度で劇的な変化は見込めません。気長に使い続ける根気と、信じる力も必要ですね!


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/themeaningofmate.com/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27